葉山での日々の暮らしと音楽に関することを中心に書いていきます。
by hirokomak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
自分のいない発表会。
at 2018-04-10 19:41
春の海。
at 2018-03-27 21:26
トモイクフェスティバル終わり..
at 2018-03-26 17:57
チェロの日終わりました。
at 2018-03-05 13:35
今週末はチェロの日。
at 2018-02-27 15:25
空と海と雲。
at 2018-02-19 22:28
いい週末。
at 2018-02-05 00:10
今年のおせち。
at 2018-01-01 14:55
Happy New Year!
at 2018-01-01 14:17
Good bye 2017
at 2017-12-31 18:02
最新のコメント
たこすけさん、こんにちは..
by hirokomak at 00:50
おお、いいですね。 僕..
by たこすけ at 16:03
> 三毛猫姉妹の母さんさ..
by hirokomak at 00:06
節分を迎えると、いつもま..
by 三毛猫姉妹の母 at 15:50
> ハせ姉さん お久し..
by hirokomak at 23:02
久しぶりにのぞいてみたら..
by ハせ姉 at 10:41
> goshuさん ふ..
by hirokomak at 11:41
私もブログを見てすぐ、サ..
by goshu at 00:28
> rikoさん びっ..
by hirokomak at 10:32
> goshuさん ふ..
by hirokomak at 10:30
カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
画像一覧
2017年 04月 09日

発表会終わりました。

昨日、チェロの教室の発表会が終わりました。
今回演奏したのは、クンマーのチェロ二重奏1番の第一楽章。
ずーっとお世話になっているK先生とのデュオ(私が1番、先生が2番)です。

(↓この曲です。このような可愛い女子二重奏をご想像ください)

この曲にするまで二転三転したのですが、娘の受験等で発表会への十分な準備ができない可能性が高かったこと、実際に気持ち的にもチェロになかなか正面から向き合えない日々が続いていたため、根を詰めないでも完成させられるレベルの曲で、先生と弾けば楽しく取り組めるかな、というところで選びました(娘の受験についてはそのうち別記事にできれば、と思います)。

思えば、K先生との二重奏は12年間やってきて初めての試み。
ずっとお世話になってきた大好きな先生との二重奏、もうこれは絶対に楽しみたい! もしかしたら最初で最後かもしれませんしね。
先生の音をよく聴く、二人でひとつの音楽を奏でる、息や視線を随所であわせる、そして笑顔! 私はいっぱいいっぱいの曲だと顔がコワくなってる、とよく言われるので、なるべくそうならないよう意識しました・・・。

はたしてチェロ友さんや友人たちからは演奏後、たくさんの「楽しそうだったねー」というお言葉が。うん、実際に私自身とても楽しかったし、先生からも演奏終了直後に「楽しかった〜」と言っていただきましたので、大成功だったのではないでしょうか。
ありがたいことに、「聴いててどちらが先生の音かわからなかった」「生徒と先生ではなく奏者と奏者の演奏だった」という感想もいただきました。あと、こういう場だと褒め言葉をたくさんいただくわけですが(もちろんしっかりリップサービス入ってのものです)、うつくしい、きれい、かっこいい、の言葉のほかに「可愛かった」とのお言葉がっ! 私は滅多に可愛いという褒め言葉はいただかないので、これも笑顔効果???

・・・という感じで、大きな破綻もなく無事に終わってほっとしております。
今年は安全策でいったので、来年はチャレンジします。なんと来年はお教室の第10回発表会という記念すべき回、しかも大きなホールでやるというので、私も気合い入れさせていだきます!

2017年は間違いなく変化の年のようなので、チェロに関しても心機一転でがんばりますよー。



[PR]
by hirokomak | 2017-04-09 17:52 | チェロと音楽 | Comments(4)
2016年 10月 02日

東京チェロアンサンブル@逗子文化ブラザなぎさホール。

e0014507_00372607.jpg

2ヶ月以上放置してしまいました・・・。

左手の小指のことをきっかけにテンション下がりっぱなし、さらに左手親指のケガ(3針縫いました)がなかなか治らなかったり、階段から落ちて右手小指も突き指してしまったり、最近とてもついてなくて。家族の事情もあいまって、今期は教室のクリスマスアンサンブルは欠席、チェロの日も逗子の第九も参加見合わせ。レッスンに行ってもあまり弾きたい曲もなく、半分以上ソルフェージュに。
最近は、バックパック背負って旅したいー、2ヶ月くらいスペイン巡礼の旅したいー、どうせなら楽器持っていきたいー、リコーダー始めたいー、などなど完全に現実逃避。。

しかし今日! ようやく長い眠りから冷めました(キッパリ)。
きっかけは、逗子文化プラザなぎさホールで行われた東京チェロアンサンブルのコンサート。
もう、射抜かれました〜〜。

ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハ第5番。「カンティレーナ」「アリア」という名で知られる甘美で切ない主旋律を弾くのは荒井結子さん。東京チェロアンサンブルのコンサートは何度か足を運んでいて、前も「この人いいな」とは思っていたのですが、いやいや、今日は魂を全部持っていかれました。中盤以降は心臓がバクバクして、涙が出そうになった。
実は・・・白状しますが、私、楽器をやっているくせに鈍感で、音楽を聴いて感動するってこと、滅多にないのです。もちろん、素晴らしいな、綺麗だな、素敵だな、すごいな、よかったな、さすがだな、と思うことは多々ありますが、本当の意味で心の奥底に届くというか、突き刺さるというか、その世界に持っていかれることって、ほとんどない。たぶん今日をあわせても片手で足ります。

荒井結子さん、素晴らしいチェリストだなぁ。
思い切り楽しそうにアンサンブルしているのもよかったなぁ。
ソロコンサートしてくれないかなぁ。。

スタバでしばし一人で余韻に浸ってたら、無性にチェロが弾きたくなった!
帰宅してすぐにケースを開けましたよ。こんなこと、ほんとないんですけどね(笑)。

私も人の心に届く演奏を目指して進んでいこう。
上手いヘタ関係なく人の心に届く演奏って、きっとあるはず。できるはず。


*

[PR]
by hirokomak | 2016-10-02 00:58 | チェロと音楽 | Comments(2)
2016年 07月 23日

指の痛み。

先日のレッスンで、シンドラーの演奏はどうだったか?と先生に尋ねられたので、「できることはやったつもりだったが、録音を聴くと先生が注意してくれていた音程がやはり低めだったのが残念だった」と思ったところを伝えました。
録音は先生も聴いていてくれたらしく、同様に思ったようです。
先生いわく、短調の曲だと無意識的に音程を低くとってしまっているのでは、ということだった。なので、これからもう一度音程をきちんととる練習=ポジションを確認していく練習が必要。そのための耳、腕の位置、手のかたちをつくっていかなければなならない、とのこと。

と同時に、「あらためてちゃんと小指を治したほうがいい」とも。

私の小指は10年前に第二関節を脱臼させて以来ずっと痛みがあり、最近は何もしてないときもジーンとします。もはや指のかたちは変形、手をにぎっても小指だけ曲がりきらず浮いたようになります。
小指で速い音符を弾くこと、素早く移弦すること、ビブラートをかけることはとても難しいです。重音やトリルはまず無理。弦を押さえる指の位置によっては瞬間的に強い痛みが走ったり、指が曲がりきらないために弦を押さえ損ねることもあります。
小指をできるだけ避ける運指にしていますが、そのぶんポジション移動が多くなり、音程も定まりにくいのも事実。正しい音程のためには4本の指が揃って並んでいることが重要だ、と当たり前のことを痛感しています・・・。

根本的に直らなくてもテーピングなどで現状をよくする方法はある(先生は中指をそうされてます)、まずは病院へ、との先生のお言葉に背中を押され、いまさらながら、レントゲンを撮りに整形外科に行ってきました。
すると、当時骨が折れていたことが判明。ケガした直後に近所の接骨院に行ったところ、そこでは折れてはないとの判断だったのですが・・・。
軟骨が減って関節が変形して固まってしまっているので、ケガした直後ならともかく、年月が経ったいまとしてはもうどうしようもない、とのことでした。

指はこのままずっと痛いだろう、ずっと思うようには動かないだろう。
そうあらためて宣告されるとととてもショックです。
そんなこともあるかな、とは薄々感じていましたが、心の整理がつきません。。

e0014507_16311522.jpg



*
[PR]
by hirokomak | 2016-07-23 17:27 | チェロと音楽 | Comments(8)